クロ・デュ・ヴァル

ボルドー格付け1級シャトーに勝利したカリフォルニア最高峰ワイナリー

「ナパ・ヴァレーの傑出した果実味」と「ヨーロッパ伝統の手法」の融合を目指し、「バランス、エレガントさ、複雑さ、そして長い余韻」を表現した、世界に通用するワインを生み出し続けているワイナリー。

1976年に開催された「パリ・テイスティング」と呼ばれるブラインド・テイスティングでまだまだ評価の低かったカリフォルニアワインがボルドー格付け1級シャトーを押さえ勝利。この時カリフォルニアから出品された5本のうちの1本として、「クロ・デュ・ヴァル」の初ヴィンテージであるカベルネ・ソーヴィニョン1972年が選ばれ、世界中に「クロ・デュ・ヴァル」の名が知られるきっかけとなりました。そしてその10年後の1986年、フランスワインの雪辱を果たすべく開催された「パリ・テイスティング」のリターン・マッチでは「クロ・デュ・ヴァル」のカベルネ・ソーヴィニョン1972年が、10年の熟成を経て見事優勝し、カリフォルニアワインが熟成能力においても世界のトップである事が証明されたことは有名な話として語り継がれています。
マンスリーレビューキャンペーン
触れる動画TIG