グロッセ

1世紀を越えてセレブに愛され続けているドイツの“ハイ・ファッションジュエリー”。 1907年、ドイツの宝飾都市フォルツハイムで誕生し、 1937年のパリ万博ではファッション・ジュエリーのデザインと技術の両部門でグランプリに輝き、最高の賞の名誉メダルを受賞しました。 その輝きの美しさと高いデザイン性は多くのハリウッド・セレブを魅了し、古くは往年の名女優マレーネ・ディートリッヒがニューヨークの倉庫にあったジュエリーすべてを買い占めた エピソードがあるほど。マイスターワークによって創り出される究極の美は、ミュージアム・クオリティと称され、ニューヨークのメトロポリタン美術館やロンドンの ビクトリア&アルバート美術館など世界的な美術館に収蔵・展示されています。ピュアプラチナや23.5金を使用した6層コーティングの技法により、 ハイ・ジュエリーに迫るクオリティの高さを可能にし、"ハイ・ファッション・ジュエリー”と呼ばれる独自のスタンスを構築しています。