バーマス

1919年、今から約90年前に、ドイツの古都ニュールンブルグ近くのファースで創業したBERMAS社。 創業当初は、皮のスーツケースを製造し、1962年にはアルミのスーツケースを開発。その後インジェクションのスーツケースを開発し、この分野での先鋭的地位を確立。その後も新たなチャレンジを続けた結果、1996年のアトランタオリンピックでは、ドイツチームの公式スーツケースとして採用されるなど、総合力でヨーロッパ市場にて認知を得ることができました。 2000年には、ベルギーのLES ATERIERS DE BLICQUY社にスーツケースの機械設備を移転し、新たな生産体制でBERMAS社のモノ作りの基本を工場へと伝達。その後、鞄の3大産地のひとつ、兵庫県豊岡市の衣川産業株式会社がブランドを取得し、BERMASの理念を守りながら新たなステージを目指し、日々進化し続けています。