南部美人

南部美人
創業は明治35年(1902年)。「南部美人」という銘柄は昭和26年(1951年)に、当時岩手県二戸税務署長を勤めておられた故伊藤正署長と南部美人前会長の故久慈秀雄氏の 「綺麗で美しい酒を造りたい」という思いと、岩手県二戸市が昔から南部の国と称し呼ばれており、素晴らしい自然、風土と豊富な水の恩恵に恵まれた土地であったことから、地名の南部と綺麗で美しい酒質イメージをもって「南部美人」と命名されました。
現在は、岩手県が認定する「青年卓越技能者表彰」を受賞された、若き南部杜氏の松森淳次氏と五代目蔵元久慈浩介氏が、「現代の名工」といわれた先代杜氏の故山口一氏の技術と酒造りへの心をしっかりと受け継ぎ、「温故知新」を合言葉に日々酒造りに邁進しています。
マンスリーレビューキャンペーン
おせち