木という身近な素材を用い、環境との共生を目指したモノづくり。
それが飛騨・高山の雄大な大自然の中から発信されています。

 深い緑に囲まれた岐阜県高山市清見町の山間地。〈オークヴィレッジ〉はここから、創業以来、純国産にこだわった家具や木工品を世に送り出してきました。 「東京で集まった5人の創設メンバーがここへ移り住んだのは1974年。高度成長期の勢いがまだ残っていた頃、飛騨の匠として高名な職人たちに教えを乞い、自給自足の工芸村を創ろうとスタートしたのです」と語るのは、同社企画営業部主任の片岡 淳さん。創設メンバーが目指したのは、持続可能な循環型社会の実現だったといいます。当時は大量生産・大量消費がスタンダードな時代。“サステイナブル社会”といえば今でこそポピュラーな考え方ですが、自然との共生を未来へ繋げていこうという先見性と地球を憂う無垢な想いが、それまで木工芸の世界に縁もゆかりもなかったメンバーを突き動かしました。以降、農家の納屋ではじまった家具制作は試行錯誤の連続。失敗しては新たな試みに取り組む毎日が続きました。

五感で楽しむ木のおもちゃは職人が一つひとつ丁寧に仕上げています。(写真は「森のどうぶつみき」)

 「日本は国土の約7割が森林。木材資源は豊富なのですが、活用は十分になされていません。また利用されている木材の中でも広葉樹に限ればさらに利用率が下がります。日本の広葉樹は多種多様で緻密な良材が多く、〈オークヴィレッジ〉では適材適所の思想に基づいてこれらを余すことなく活用することを目指し、生活小物の制作から家具・建築まで幅広く手掛けています」長年培われた匠の技や木材に関する豊富な知見が、子どもたちの成長を支える“おもちゃ”づくりにも活かされています。植物性オイルなど自然素材による仕上げも作り手の優しさ。NPO法人「ドングリの会」を通じ、植樹・育林活動にも意を注いでいるとか。森との共生を目指す活動が、いよいよ実を結びはじめています。

山の恵みが詰まったぬくもりのインテリア

大切な資源を余すことなく使いたい。そんな思想から生まれた可愛らしいクリスマスツリーです。回転させると聴こえてくるのはオルゴールが奏でる優しいメロディ。ツリー本体はもとより、オーナメントなどにも、飛騨の森から採取された天然素材が用いられています。

  • 〈オークヴィレッジ〉
    オルゴールツリー・プチ グリーン
  • 日本の木の心地よさを身体で感じて心がよろこぶ知育玩具
    色や木目、手触りや重さ、叩いたときの音、ほのかな香りなどが樹種によって異なり、全身で楽しめる知育玩具です。それぞれのピースに樹種の名前が焼印されています。
    スギ、カエデ、シラカバなど、日本で育った約12種の木々から作られました。
    〈オークヴィレッジ〉
    寄木の積木(木箱入り)
  • 乗って、揺らして遊べる木馬は大人も憧れる木のおもちゃ
    伝統工法を応用した木組みで、強度と安定感を備えた木馬。おもちゃとしてだけでなく、置くだけで素敵なインテリアにもなります。
    〈オークヴィレッジ〉
    Mokuba
※〈オークヴィレッジ〉の商品は、天然素材を使用しているため、若干の個体差がございます。
※安全のため、保護者の目の届くところでご使用ください。
Copyright © JALUX Inc.All Rights Reserved.