匠の本べっ甲 SILVERコンビネーションリング ゴールド 7号
  • 匠の本べっ甲 SILVERコンビネーションリング ゴールド 7号
  • 匠の本べっ甲 SILVERコンビネーションリング シルバー 7号
商品番号:1081G

匠の本べっ甲 SILVERコンビネーションリング ゴールド 7号

21,780円 (税込)
送料:815円(税込)
396マイル
または
198ポイント
カラー
  • ゴールド
  • シルバー
サイズ
  • 7号
  • 8号
  • 9号
  • 10号
  • 11号
  • 12号
  • 13号
  • 14号
  • 15号
  • 16号
  • 17号
  • 18号
  • 19号
  • 20号
  • 21号
  • 22号
  • 23号
数量
在庫状況 :お取り寄せ

入荷次第のお届けとなります

商品情報

伝統工芸「べっ甲」にシルバーリングを合わせた気品と風格あるリング。江戸時代から続く屋号「伊勢屋」の六代目べっ甲細工職人、森田孝雄の作品

べっ甲細工の歴史は大変古く、正倉院宝物の中に琵琶の一部としてタイマイ(亀の一種)の甲羅が使われています。べっ甲のまだら模様(バラフ)は天然もので同じ模様がないため、ひとつひとつがオリジナル。現在、べっ甲製品は海外からの輸入も輸出も禁止されており、その稀少性は増すばかりです。べっ甲職人、森田孝雄氏が手作業でべっ甲をシルバーリングに巻き付ける職人技で製作。江戸べっ甲の装身具や置物には、亀の中でも特に加工しやすく、色合いが美しいタイマイの甲羅を使います。タイマイの甲羅は必ず13枚で構成されており、黒くなっている部分、琥珀色半透明になっている部分を斑(ふ)と言います。この斑(ふ)をバランスよく張り合わせて美しいバラフをだすのが職人の技なのです。また、天然素材のべっ甲(タイマイの甲羅)は、気温や湿度により仕上がりが変わります。伝統工芸士「森田孝雄」は出来上がった商品を何度も見直し、納得がゆくまで決して妥協することはありません。

■色:〔01〕ゴールド 〔02〕シルバー

●サイズ(約):幅10mm ●重量(約):10g(21号) ●素材:本べっ甲、シルバー(925)、メッキ/〔01〕金色メッキ、〔02〕ロジウムメッキ ●日本製

サイズ選びについて >>

サイズ番号 0001 0002 0003 0004 0005 0006 0007 0008
号数 7号 8号 9号 10号 11号 12号 13号 14号

(約cm)

サイズ選びについて >>

サイズ番号 0009 0010 0011 0012 0013 0014 0015 0016 0017
号数 15号 16号 171号 19号 19号 20号 21号 22号 23号

(約cm)