瑞泉御酒
商品番号:1895G
マイルアップ

瑞泉御酒

2,110円 (税込)
送料:815円(税込)
57マイル
または
38ポイント
数量
在庫状況 :在庫あり

出荷予定日:7月15日

※未成年者の飲酒は法律で禁止されているため、20歳未満の方はお申し込みいただけません。
※準備数100本

商品情報

琉球の昔から愛される泡盛が現代に復活。

かつて沖縄には、琉球王朝末期から代々受け継がれてきた泡盛がありました。しかし戦火によって醸造のもととなる黒麹菌がことごとく消滅。久しく幻となっていたその泡盛が、奇跡的な出会いと蔵人の情熱によって甦りました。時代を超えて復活した香り高く、まろやかな味をぜひご堪能ください。

奇跡的に保管された黒麹菌「瑞泉菌」が甦らせた沖縄伝統の味。

沖縄では琉球の時代から、黒麹菌を使って個性豊かな泡盛が造られていました。それが終戦間近の沖縄戦によって酒造所が集中する首里が壊滅状態に陥り、黒麹菌も消滅したとされてきました。ところが1998年、発酵学の世界的権威である故・坂口謹一郎博士によって戦前の黒麹菌が保存されていることが判明。瑞泉酒造は、その中に前身である酒造所の黒麹菌・瑞泉菌を見つけ、昔ながらの手作業と最先端の温度管理で復活させました。通常では常識外といえるほどの超低温発酵で瑞泉菌の個性を最大限に引き出した「御酒」は、白梅香にも似た芳醇な香りを放ち、とてもまろやか。雑味のない美しいほどの味わいに満ちています。

  • [首里城・瑞泉門]明治20年創業の瑞泉酒造。かつての首里の城下町で、泡盛伝統の味を守り続けています。瑞泉酒造の「瑞泉」は首里城に入る第二の門「瑞泉門」より命名されました。

  • 戦前までは代々蔵に棲みついた黒麹菌を使い、手作業で泡盛が造られていました。

  • 坂口博士が戦前に採取し、保存していた沖縄の黒麹菌。

故・坂口謹一郎博士。
東京大学応用微生物研究所の初代所長を務めた東京大学名誉教授。発酵学など応用微生物学の世界的権威。
瑞泉
〈日本製・沖縄〉 ●内容:瑞泉御酒300ml ●アルコール度数:30度
 
この商品のレビュー
5.00 TAKAさん 2020/06/15
スッキリとした飲みごたえ。とても貴重なお酒をお得に入手させていただき感謝しています。
≫ 全レビューを見る