[ガヤ]バローロ ダグロミス 2016
商品番号:2525H

[ガヤ]バローロ ダグロミス 2016

13,200円 (税込)
送料:815円(税込)
数量
在庫状況 :在庫あり

出荷予定日:10月26日

カートに入れる

※未成年者の飲酒は法律で禁止されているため、20歳未満の方はお申し込みいただけません。
※準備数:18本

商品情報

イタリアワインの帝王ガヤが造る、果実の凝縮感と極上のエレガンスを備えた逸品。

イタリアワインの地位の向上に最も貢献し、世界中の生産者の中でもトップクラスのガヤ。こちらのワインは、他のバローロとは一線を画す2つの偉大な畑のブドウをブレンド。力強い果実味とエレガントなタンニンによる、しっかりとした骨格が魅力です。ガヤ秘蔵のバローロであり、ファンや愛好家の間で人気の高い逸品です。グラスに注ぐと濃いルビー色の色調。完熟したラズベリーやプラムなど果実の豊かなアロマに、スミレの華やかな香りとバニラなどのニュアンスが立ち上ります。甘みのある凝縮した果実味や甘草、ハーブ、スパイスなど様々な要素が溢れ出し、緻密なタンニンを纏った余韻がいつまでも続きます。しっかりとした骨格に芳醇で柔らかな舌触りが印象的で、早いうちから愉しめるスタイルですが、長期熟成に適した力強さを備えた逸品です。

  • このダグロミスは、ガヤがバローロ地区に持つコンテイザが造られるラ・モッラと、スペルスが造られるセッラルンガの、2つの畑のブドウから造られているバローロ。他のバローロとは一線を画す2つの極上畑のブドウを使用した、非常に贅沢で秀逸なバローロとして知られ、ワイン評価誌には一切出品されていない、ファンや愛好家の間で人気の高い逸品です。 偉大な2つの畑はどちらも、石灰質、粘土質、泥土質の土壌。ラ・モッラの持つ砂質で柔らかい土壌は、ワインにエレガントでソフトなタンニンとリッチな花の香りを与えます。
    もう一方のセッラルンガという畑は、ラ・モッラより150m高い場所にあり、面積が小さく粘土質で冷たい土壌。こちらはワインに引き締ったボディと酸を与えます。これらの特徴をバランスよく体現しています。毎ヴィンテージリリースされているわけではなく、ガヤ自身が納得のいく出来の年にしか造られません。007年より、2羽の可愛らしいキジがラベルに描かれるようになりました。ダグロミスという名前の「ダ」は、英語のFromを意味する言葉。この畑はもともとグロミス家が所有していた区画であることを意味しています。

  • かつて、バローロとバルバレスコで造られるネッビオーロ種のワインは、強固なタンニンと強い酸があり、長期熟成を必要とした堅牢なワインでした。ガヤはこのネッビオーロに、バリック(小樽)による熟成によってタンニンを柔らかくする方法を採用。発酵温度を管理し余分なタンニンの抽出を抑えることで、早くからでも愉しめ、バランスの取れた味わいのワインを造ることに成功。昔からのやり方を守り続ける伝統派とバリック派の対立もありましたが、それを乗り越え、バルバレスコやバローロの新しいスタイルは受け入れられ、ガヤはイタリア最高峰と賞賛を浴びることとなりました。

ガヤ
イタリアワイン界のトップとして君臨する、帝王ガヤ。
イタリアワイン最高峰の地位を不動のものとしているガヤ。権威あるワイン専門誌、ガンベロ・ロッソにて、数多あるワイナリーの中で一番多くの最高評価(トレ・ビッキエリ)を獲得しています。全てのラインナップにおいて「常に最高品質を造る」という信念のもと、ベストを尽くされた渾身のワインをリリースする、比類なき存在です。 ガヤがイタリアワインの帝王と呼ばれる所以は、初代から続く徹底した品質主義のワイン造りはもちろん、それに加え、現当主であるアンジェロ氏の行った様々な革新的な改革によってイタリアワイン界に大きな影響を与え、現在もイタリアワイン界を牽引する存在であり続けていることによります。アンジェロ氏は「最高のワインにしか興味がない」と断言し、一切の妥協を許さない独自の哲学を持って臨み、イタリアワインの地位の向上に最も貢献した人物の一人とされています。
5代に渡って受け継がれる、徹底した品質主義
イタリアワインの生産者として、間違いなくトップクラスの地位を不動ものとしているガヤ。ガヤの歴史は、17世紀半ば、ガヤ・ファミリーの初代、ジョヴァンニ・ガヤ氏がスペインのカタルーニャ地方からピエモンテに移住してきたことから始まりました。ジョヴァンニ氏は1859年にワイナリーを創設、2代目の時代には、現当主であるアンジェロ氏の祖母、クロチルド・レイ女史もワイン造りに参加し、徹底して品質にこだわるガヤスタイルのワイン造りの基礎を造り上げました。そして3代目、アンジェロ氏の父にあたるジョヴァンニ氏の代に、現在もガヤのフラッグシップであるキュヴェ、バルバレスコが高い評価を受けたことによってイタリアワイン界のトップとしての地位を確立、同時に「ソリ・サン・ロレンツォ」や「コスタ・ルッシ」などの畑を購入し、ワイナリーを拡大しました。現当主は4代目のアンジェロ氏。。1961年からワイナリーに携わっていたアンジェロ氏は、単一畑のワインの生産やバリック樽の導入など、様々な改革を実施。ピエモンテの伝統的なワイン造りを守りながら革新的な設備や技術を取り入れ、世界中から認められる存在となりました。現在は、5代目を担う3人の子供たちとともにワイン造りを行っています。また、1990年代には本拠地のピエモンテだけではなく、トスカーナ州にも二つのワイナリーを購入。両方の産地から世界的な高評価を受けるワインを数多く造り出しています。
●生産年:2016年 ●生産社(者):ガヤ ●生産国、地域:イタリア、ピエモンテ ●種類:赤ワイン ●ブドウ品種:ネッビオーロ100% ●サイズ:750ml ●味わい:フルボディ ●合わせる料理:熟成肉のステーキ、熟成チーズ