JAL FLEETクラシック 卓上判
商品番号:2595F
予約商品:カレンダー
ラッピング不可
のし不可

JAL FLEETクラシック 卓上判

1,210円 (税込)
22マイル
または
11ポイント
数量
在庫状況 :在庫あり

出荷予定日:11月21日

予約商品ご購入時の注意
  • ※写真・暦デザインはイメージです。
  • ※お申込みが集中し準備数を超えた場合、販売を終了させていただく場合がございますので、予めご了承ください。
  • ※同時購入は予約商品:カレンダー商品同士のみ可能です。その他の商品との同時購入はできません。

商品情報

JAL FLEET CLASSICS Calendar

日本の民間航空会社のパイオニアであるJALと共に歩み続けてきた様々な航空機の中で、その初号機となった記念すべき11機を厳選しました。

  • 表紙:JAL Douglas DC-6B

    1964年、JALは東京オリンピック開催時、DC-6Bの初号機である「City of Tokyo号」を聖火特別輸送機として使用。アテネー沖縄間を11の中継地を経由し、約3週間かけて運航した。

  • 1月:JAL Douglas DC-4

    1952年、JALが自主運航開始に伴い購入した3機のDC-4は、山の名にちなんで「白馬号」「高千穂号」「榛名号」と命名された。最終的には8機を追加し11機を保有した。

  • 2月:JAL Douglas DC-6B

    JALは1954年の国際線定期便開設(東京-サンフランシスコ線)に備え、その前年にDC-6Bを導入。1950年代の国際線主力機材として活躍した。

  • 3月:TAW De Havilland DH-114-1B-TAW

    1954年、東亜航空(TAW)は所有するデ・ハビランド DH-114 ヘロンを他社製エンジンに換装するなど独自に改造を行い、その機体をタウロン(TAWRON)と命名し運航した。タウロンはTAW+ヘロンの造語である。

  • 4月:JAL Douglas DC-6B

    1959年、JALは改造DC-6Bのセミカーゴ機を導入した。以来、JALの貨物事業は約50年にわたり旅客便の貨物室と貨物専用機を併用したビジネスモデルを採用し、「JALCARGO」という愛称で日本経済の成長とともに事業規模とネットワークを拡大した。

  • 5月:JAL Douglas DC-8-32

    1960年、JALは初のジェット旅客機であるDC-8の初号機「FUJI号」を導入した。巡航速度はプロペラ機と比べ300km/h以上速い876km/h。「空の貴婦人」とうたわれた優雅なフォルム、卓越した性能に加え、客室に設けられた純日本風のラウンジや西陣織のシートなど「日本文化」を強くアピールしたサービスも評判を呼んだ。

  • 6月:TAW 日本航空機製造 YS‐11-101

    1965年、東亜航空と日本国内航空はYS-11-101の初号機(JA8639とJA8640)を受領し運航を開始した。同機は、日本航空機製造が開発・生産した戦後初の国産民間用輸送機で、全国ローカル線の主力機として長きにわたり活躍した。

  • 7月:JAL Boeing 747-100

    1970年、JALはボーイング747の初号機(JA8101)をシアトルで受領したが、モーゼスレイクの訓練センターで乗員訓練用に使用したため、2号機がJALのジャンボ機として日本初登場となった。その後、長きにわたり「ジャンボジェット」の愛称で親しまれた。

  • 8月:JAA Douglas DC-8-53

    1975年、日本アジア航空はダグラスDC-8-53で東京ー台北線および東京ー高雄線の運航を開始した。DC-8-50シリーズは、ターボファンエンジンを搭載することで、-30シリーズに比べ航続性能を格段に向上させた。

  • 9月:TDA Airbus A300B2

    1980年、東亜国内航空は日本で初めてヨーロッパ製機材、A300B2を導入した。「空の女王ヨーロピアン・エアバス」のキャッチコピーで登場した同社初のワイドボディ機で、近距離タイプのB2と中距離タイプのB4があった。

  • 10月:JAS Douglas DC-10-30

    1988年、日本エアシステムは国際路線展開に合わせてDC-10-30を導入した。当初は国内幹線での運航となったが、1990年に成田-シンガポール線、翌年には成田-ホノルル線へと路線を広げた。

  • 11月:JAL Boeing 747-200B

    1989年、JALは新しいロゴの発表に伴い、新機体デザイン塗装のボーイング747-200Bを東京国際空港(羽田)で披露した。ボーイング747-100を進化させたモデルで、-100、-300とともに1970年代から80年代のJALの主力機材として活躍した。

  • 12月:JAL Boeing 747-400

    1990年、JALは最新のエレクトロニクス技術とシステムの自動化により、わずか2名の乗員で運航できる、ボーイング747-400を導入した。国際線仕様には、翼の空気抵抗を減らすためにウイングレットと呼ばれる小さな翼が付いていた。

●サイズ:14.6×21cm(カレンダー本文12.6×21cm)/12枚