[エラスリス]アコンカグア・コスタ・ソーヴィニョン・ブラン 2018
商品番号:2784F

[エラスリス]アコンカグア・コスタ・ソーヴィニョン・ブラン 2018

4,180円 (税込)
76マイル
または
38ポイント
数量
在庫状況 :在庫あり

出荷予定日:12月10日

※未成年者の飲酒は法律で禁止されているため、20歳未満の方はお申し込みいただけません。

商品情報

チリ最高峰と称される名門エラスリスの、スペシャルティシリーズ。

ヴィーニャ・エラスリスはチリ、アコンカグアに1870年創設されました。アコンカグアは世界屈指のテロワールを持った、チリで最も高品質なワインの多くが生まれる場所。その場所でフランスの初めて植えましたのがヴィーニャ・エラスリス。初代当主ドン・マキシミアーノ・エラスリスはイニシアティブと創造力は、後の世代にも受け継がれ1世紀以上経った今日も家族経営を守りエラスリスを世界中で最も注目されるワインに成長させるまでに至りました。美しく緑がかった黄色い麦藁色の外観、ワインは、マンゴーやマンダリン、グレープフルーツの皮などを思わせる柑橘系の香り、品種の特徴でもあるハーブの風合いに象られています。口当たりはスッキリとしシトラスやハーブの香りが新鮮で、バランスの取れた、素晴らしいハーモニーを奏でます。見事な持続性を持ち、エレガントなフィニッシュがいつまでもミネラルの風合いと共に口の中で心地よく楽しめるワインに仕上がりました。

  • 世界屈指のテロワールを持った、チリで最も高品質なワインの多くが生まれる場所アコンカグア・ヴァレー。

    このワインに使われたのは太平洋から12キロほどに位置するアコンカグア・ヴィンヤードから収穫されたぶどうです。この畑は2005年及び2009年にヴィーニャ・エラスリスによって植樹されました。薄いローム質土壌と粘土質の基部、そして変成岩(スレート/シスト)の薄い層で構成されており、ワインにミネラルの風合いを与えています。

〈ヴィーニャ・エラスリスのこだわり〉
【ドメーヌとしてのこだわり】
他の大手ワイナリーが「大量生産の廉価ワイン」の輸出増を図るなか、エラスリスは「プレミアムワイン」に拘っています。
【エステートへのこだわり】
チリ最良の畑アコンカグアのコスタ、エントレ・コルディエラス、アンデスにすべて自社畑を所有するエラスリス。
【ブラインドで比較することの重要性】
2004年1月、リッツ・カールトン・ベルリンでジャーナリスト、ソムリエなど36名がブラインド・テイスティング。マルゴー、ラトゥール、ラフィットを抜いてナンバー1に輝いたのはビニェード・チャドウィック2000年。エラスリスのカベルネの秀逸性を世界に証明しました。
〈当主エドアルド・チャドウィック氏〉
ワインへの情熱を抱く起業家一族の出身。今その家族の伝統と遺産を受け継いでいます。チリ・カトリック大学で経営工学の学位を取得したエドアルドは、その後1983年にヴィーニャ・エラスリスに入社、エドアルドは世界中のワインの生産地にも足を運び、最高の技術を習得しては、自ら実践を繰り返しました。今日彼はヴィーニャ・エラスリスの社長ですが、このワイナリーは国際的な批評家たちや、ヴィーニャ・エラスリスを「チリワインの高品質の指標」と評する「デキャンタ・マガジン」などの専門誌から世界で最高峰のワイナリーと称賛され、ワイン&スピリッツ・マガジンは2008年度のインターナショナル・ワイン・プロデューサー・オブ・ザ・イヤーと評価しています。 チリワイン協会 の取締役であり、また「ブラザーフッド・オブ・ワイン・インダストリー・メリット のメンバーでもあります。この団体はチリワインの信頼性や品質、そしてイメージを監督する役割を担っています。当主は人生を高級ワイン作りに捧げ、その功績がワイン業界で認められたことを評価し、「デキャンタ・マン・オブ・ザ・イヤー」を受賞しました。チリワインの親善大使として今もなお幅広い活躍をしています。
●生産年:2017年 ●生産社(者):ヴィーニャ・エラスリス ●生産国:チリ、アコンカグア・ヴァレー ●種類:白ワイン ●葡萄品種:ソーヴィニョン・ブラン100% ●サイズ:750ml ●味わい:すっきりとした辛口