[エラスリス]カイ カルメネール 2017
商品番号:2788F
マイルアップ

[エラスリス]カイ カルメネール 2017

22,000円 (税込)
送料:815円(税込)
数量
在庫状況 :在庫あり

出荷予定日:7月5日

カートに入れる

※20歳未満の方の飲酒は法律で禁止されているため、お申し込みいただけません。

商品情報

チリ最高峰と称される名門エラスリスのアイコンワイン、カイ

ヴィーニャ・エラスリスはチリ、アコンカグアに1870年創設されました。アコンカグアは世界屈指のテロワールを持った、チリで最も高品質なワインの多くが生まれる場所。その場所でフランスの初めて植えましたのがヴィーニャ・エラスリス。初代当主ドン・マキシミアーノ・エラスリスはイニシアティブと創造力は、後の世代にも受け継がれ1世紀以上経った今日も家族経営を守りエラスリスを世界中で最も注目されるワインに成長させるまでに至りました。

  • 外観は深く濃い紫がかった赤色、深く香るブラックペッパー、ブラックトリュフ、石墨、そして微かなヒマラヤスギ、アジアのスパイス、紅茶、灰のニュアンスも感じます。ブルーベリー、ラズベリーや森の果物がもたらす繊細な香りを漂わせる繊細かつ魅惑のワイン。棗、無花果、苦味のあるチョコレートの気品高い香り。ほんの少しのクローブを含む、ブラックペッパーと焙煎コーヒーの香り。口に含むと表れる繊細かつ誘惑的な味わいは、鮮やかに際立つみずみずしく新鮮な口当たりを確かなものとしています。カイのきめ細やか且つ、なめらかなタンニンは永く忘れられないフィニッシュに導枯れていきます。

  • 世界屈指のテロワールを持った、チリで最も高品質なワインの多くが生まれる場所アコンカグア・ヴァレー。

    谷の奥地にある土地は崩積土で、ほとんどがシルト質です。水はけがよく栄養価に恵まれた複雑な土壌は、樹勢をコントロールし、小さな房と実の、バランスのよい果実を実らせます。

  • 恵まれた土壌と理想の天候

    アコンカグア・ヴァレーのMax Vヴィンヤードにある最高の区画に1992年と1993年に植えられたカルメネールの中からさらに選び抜かれたものです。この畑は石含有率50%の水はけの良い性質の沖積土からなる深い土壌で、また涼しい太平洋に近いこともあり、この地ではカルメネールを見事な凝縮感、色あいとテクスチャを兼ね備えたものに育てることができます。また南米の最高峰アコンカグア山からとフンボルト海流の冷たい風により冷涼な気候生育期 昼夜の寒暖差が大きく15-18℃年間降雨量も少ないため収穫時に雨の影響を受けず、理想的な熟度で収穫ができる理想の気候でもあります。

エラスリス
エラスリス
「チリワイン」を越えた世界のファインワイン

1870年に創立され、2020年に150周年を迎えたチリ最高峰ワイナリー。 世界屈指のテロワールであるアコンカグア・ヴァレーに自社畑を持ち、その冷涼な産地から、凝縮感を持ちながらもエレガントな味わいが特長の、料理にも合わせやすいワインが造られています。 2004年に開催されたベルリン・テイスティングではフランスの【5大シャトー】やアメリカの【オーパス・ワン】など世界を代表するワインを破る快挙を成し遂げ、それまでの「チリワイン」のイメージを大きく塗り替える歴史的な出来事となりました。 世界でもっとも有名なワイン評論家 ロバート・パーカー氏がチリのベストワイナリーと高く評価し、2018年にはワインの専門誌である『Decanter』誌でもエラスリスのオーナーのエデュアルド・チャドウィック氏が「マン オブ ザ イヤー」に選定されています。
当主エデュアルド・チャドウィック
当主エデュアルドは世界中のワインの生産地にも足を運び、最高の技術を習得しては、自ら実践を繰り返しました。エラスリスは国際的な批評家たちや、「デキャンタ・マガジン」などの専門誌から世界で最高峰のワイナリーと称賛され、ワイン&スピリッツ・マガジンは2008年度のインターナショナル・ワイン・プロデューサー・オブ・ザ・イヤーと評価しています。エデュアルドは人生をワイン作りに捧げ、その功績がワイン業界で認められたことを評価し、「デキャンタ・マン・オブ・ザ・イヤー」を受賞しました。チリワインの親善大使として今もなお幅広い活躍をしています。
●生産年:2017年 ●生産社(者):エラスリス ●生産国:チリ、アコンカグア・ヴァレー ●種類:赤ワイン ●葡萄品種:カルメネール 93%、プティ・ヴェルド 7% ●サイズ:750ml ●味わい:フルボディ