[ドクール]フレンチウィスキーバスティーユ1789 
商品番号:3047G
ラッピング不可
のし不可

[ドクール]フレンチウィスキーバスティーユ1789 

6,600円 (税込)
送料:815円(税込)
数量
在庫状況 :在庫あり

出荷予定日:10月26日

カートに入れる

※未成年者の飲酒は法律で禁止されているため、20歳未満の方はお申し込みいただけません。
※専用のギフト箱はついておりません。

商品情報

フランスコニャック地方の革新的なウィスキー

ブランデーの銘醸地コニャック地方から誕生した、革命的なフレンチウィスキー。フレンチリムザンオーク樽、コニャック樽、ソーテルヌ樽と様々な樽で熟成を重ねることで生まれたこの液体は、驚くほど華やかな香りを放ちます。プラム、チェリー、ドライフルーツ、桜等の香りが繊細にからみ合い、口の中に含むと上質なバニラの甘みが広がっていきます。クリーミーとも表現できるほどの口当たりの滑らかさ、そして柔らかい余韻が特徴。ピートを炊いていないこともあり、愛好家の方だけではなく、普段ウィスキーを飲まない女性にも支持される飲み口。「アルコール40度には思えない!」と必ず言われるほど飲みやすい味わいです。

  • 樽の特徴

    リムザン地方で採取されるリムザンオークは、最も高級な樫樽のひとつ。木目が粗いので、ウィスキーがしっかりと木に浸透し、タンニンとともにその味が引き出されていきます。また、非常に堅い木であることから、フランスでは荷馬車の原料になっており、高級車の代名詞でもある「リムジン」の語源にもなっています。チェリーウッドの木樽は、ダークチョコレートやサクランボ、ほのかなシトラスの香りが重なり合った、やわらかくも複雑な香りを特徴としています。フローラルな花の香りを持つのがアカシアの木樽の特徴です。これらの樽で熟成されることで、「Bastille1789」の特徴である華やかな香りのハーモニーが生まれます。

Daucourt家
コニャック地方で代々、ブランデー、スピリッツを造ってきたDaucourt家。一家の3代目として生まれたエドワード・ドクール。(母はアイリッシュ人、父はフランス人)スコットランドとドイツのウィスキー蒸留所で数年間の修業を経て、フランスコニャックに戻り、兄ジャンマルクとともに稼業であるコニャックやスピリッツ造りに営みます。その中で、ブランデーの聖地コニャック地方でフランスらしさを表現した革新的なウィスキーを造りあげました。伝統を重んじるフランスにおいては異端ともいえるその商品は、1789年にバスティーユで始まったフランス革命を彷彿させる、"French Whiskey Bastille 1789" と名付けられました。
●生産国、地域:フランス、コニャック地方 ●原材料:モルト50%、グレーン50% ●種類:ウィスキー ●内容量:750ml ●アルコール度数40度 ●常温
 
この商品のレビュー
5.00 にゃんこさん 2021/09/21
贈り物として差し上げましたが、大変美味しいと喜ばれました。
≫ 全レビューを見る