[チェレット]バローロ 2016
商品番号:3165G
マイルアップ

[チェレット]バローロ 2016

9,680円 (税込)
送料:815円(税込)
数量
在庫状況 :在庫あり

出荷予定日:5月23日

カートに入れる

※20歳未満の方の飲酒は法律で禁止されているため、お申し込みいただけません。
※準備数:36本

商品情報

エレガントでバランスの取れた複雑な味わいはスタンダードとはいえどまさに「ワインの王様」に相応しい逸品

バローロならではの力強さと繊細さが見事に調和した味わいです。華やかなアロマとソフトで穏やかなタンニンを持ち、すぐに飲んで楽しめますが、長期熟成にも耐えうるポテンシャルも持っています。セッラルンガ・ダルバ村のガブッティ、ラ・モッラ村のブルナーテ畑の低い標高の区画を中心に、バローロ村、カスティリオーネ・ファレット村など7つの区画をブレンドしたクラシックなバローロ。醸造方法はクリュ・バローロと同じ。特に2016年は高評価のグレートヴィンテージです。

  • ステンレスタンクで発酵、マロラクティック発酵からフレンチオーク樽を使用、そのまま約9ヶ月熟成後、オーストリア製50HLの大樽で約18ヶ月熟成。瓶熟12ヶ月。

  • 評価:95点/ワインアドヴォケイト誌2020年7月、92点/ワインスペクテーター誌2021年1月

チェレット
チェレットは、バローロ、バルバレスコ地区に多くの畑を所有。1939年、リッカルド チェレットがワイナリーの基礎を築き、現在は3世代目。三ツ星レストランを所有し、ワインのみならずピエモンテの食文化を世界に発信しているワイナリー。2010年から単一畑でビオディナミ農法をスタート、現在は全所有畑でビオディナミまたはビオロジックを実践し、将来はすべてビオディナミ転換を目指す。ネッビオーロ種だけでなく、アルネイス種復興に貢献したブランジェ、国際品種のモンソルドなどピエモンテの豊かなテロワールを表現。ワインの特性、エリアに合わせ4か所に醸造所を所有。
第3世代による新たな発展
1939年、リッカルド・チェレットがワイナリーの基礎を築き、現在は3世代目。60年代には、彼の2人の息子ブルーノとマルチェロの兄弟がワイナリーを発展させチェレットの評価を確立。現在は第3世代にあたる彼らの子供たち(4人)が引き継ぎました。クリュ・バローロ、クリュ・バルバレスコの地位向上やビオディナミの導入など、次世代に向けて新たな発展を目指しています。
●生産年:2016年 ●生産社(者):チェレット ●生産国、地域:イタリア、ピエモンテ ●種類:赤ワイン ●ブドウ品種:ネッビオーロ 100% ●サイズ:750ml ●味わい:フルボディ ●合わせる料理:照り焼きチキン、ポルチーニ茸のパスタ、熟成チーズ