[ドメーヌ・シャンソン]シャサーニュ・モンラッシェ プルミエ・クリュ レ・シュヌヴォット 2019
商品番号:4309H

[ドメーヌ・シャンソン]シャサーニュ・モンラッシェ プルミエ・クリュ レ・シュヌヴォット 2019

19,800円 (税込)
送料:815円(税込)
数量
在庫状況 :在庫あり

出荷予定日:5月24日

カートに入れる

※20歳未満の方の飲酒は法律で禁止されているため、お申し込みいただけません。
※準備数:30本

商品情報

白ワインの聖地と言われるモンラッシェのテロワールを表す、熟成ポテンシャルを秘めた力強いワイン

シャンソンの所有する2haの畑は、有名な「ル・モンラシェ」のテロワールのすぐ横に位置しています。シャサーニュ・ストーンの上に粘土石灰質を主とする土壌。畑は小さなブロックが入り組んだ形になっています。東向き。サントーバンへの道の出口にあたり、冷たい空気が通るため、ワインはピュアで清涼感のあるアロマが生まれます。淡い黄金色。白い花の香りに軽く柑橘類の交じり合った複雑な香り。ヴォリュームがある。芳醇なフィニッシュはスパイスが感じられ、清涼感あるアフターテイスト。

伝統を守りつつ、近代の技術を取り入れたワイン造りが注目のボーヌの老舗メゾン
ブルゴーニュで産出されるワインをフランス国内やヨーロッパに販売していたシモン・ヴェリーが1750年に設立したボーヌでも1、2を争う歴史あるメゾン。ボーヌを中心に45haのグラン・クリュとプルミエ・クリュ畑を所有しており、さらにパートナーの契約農家から供給されるブドウでドメーヌワイン同様にブルゴーニュの素晴らしいテロワールを表現したワイン造りをしています。1999年にボランジェ・グループに入って以来、畑やカーヴに大きな投資が行われ、2010年には長期低温マセレーションと全房発酵の造りに適した醸造設備へと刷新しました。伝統を守りつつ、近代の技術を取り入れたワイン造りは、近年多くのワイン評論家から称賛を得ています。
畑のテロワールを表現するピュアなワイン造り
シャンソンはブルゴーニュのテロワールがそれぞれのワインの中に表現されるよう探求し続けています。ブドウ全体が成熟した状態で丁寧に収穫。醸造では2013年に最新の冷却機を導入し、長期低温マセレーションを行うことでアロマを最大限に引き出しています。また、全房発酵を行うことでアルコール度数を減らすこともできるため、強すぎず柔らかで、フローラルでスパイシーかつエレガントな味わいのワイン造りを実現。テロワールを表現したブドウ本来の味わいをワインに反映するため、木樽香が出すぎないよう新樽比率を最小限に抑え、歴史的な「バスティオン(城壁)」のセラーで平均18ヶ月熟成させています。バスティオンの壁(8m)は室内の温度と湿度を一定に保つことが出来ます。
●生産年:2019年 ●生産社(者):ドメーヌ・シャンソン ●生産国、地域:フランス、ブルゴーニュ ●種類:白ワイン ●ブドウ品種:シャルドネ ●サイズ:750ml ●味わい:辛口 ●合わせる料理:フォアグラ、シーフードや様々なチーズ