[テタンジェ]プレスティージュ ロゼ NV[箱入り]
商品番号:4825G

[テタンジェ]プレスティージュ ロゼ NV[箱入り]

10,238円 (税込)
送料:815円(税込)
数量
在庫状況 :在庫あり

出荷予定日:8月3日

カートに入れる

※未成年者の飲酒は法律で禁止されているため、20歳未満の方はお申し込みいただけません。

商品情報

伝統と先進性を併せ持つ家族経営のシャンパーニュメゾン

モンターニュ・ド・ランス地区特級のアンボネ村とブズィー村の最上級ピノ・ノワールとシャンパーニュで唯一村名を名乗ることができるロゼワインの村”リセー”の拘りピノ・ノワールからつくられた赤ワインを15%加え仕込まれたもの。原酒へ加える赤ワインまで拘りが強くテタンジェの生真面目な精神が細部に宿っています。またシャルドネの比率が30%と高いため、テタンジェ社のスタイルであるエレガンスと繊細さ、そして生き生きとした味わいが生まれ価格を遥かに超えたラグジュアリーな仕上がりを見せています。

  • テタンジェはシャンパーニュ地方に複数の畑を所有し、その総面積は288haに及びます。そのうち40%はシャルドネが栽培されており、この自社畑のおかげで品質の安定した良質のぶどうの供給が確保され、世界中の専門家達が賞賛する優美で繊細なシャンパーニュの生産が可能となるのです。

  • ランスの小さな丘の上に、13世紀にサン・ニケーズ修道院が建てられました。この修道院はフランス革命の際に反宗教の人々により破壊されましたが、2世紀のガリア時代の地下洞(石灰窟)を所有していました。そしてこの地下に残された回廊は、ベネディクト派の修道士達がシャンパンの貯蔵庫として使用するようになりました。ひっそりと涼しく、程よい湿度の中、何百万本ものシャンパーニュが熟成の頂点に達する時を待ちながら眠っています。

テタンジェ
1932年にピエール・テタンジェがシャンパーニュ地方のマルケットリー城を手に入れたところからシャンパーニュ・テタンジェの歴史が始まりました。1945年第二次世界大戦の終結とともにピエールの三男フランソワが精力的にシャンパーニュ・ビジネスに取り組み礎が作られ、フランソワの死後、弟のクロードが引継ぎ世界ブランドとしてのテタンジェを確立しました。テタンジェは、その名を社名に掲げる数少ないファミリービジネス。テタンジェ家が今なおオーナー兼経営者である稀有な存在。現在、4代目に当たるピエール・エマニュエル・テタンジェが社長となり、長きにわたり培われてきたテタンジェ・ファミリーの精神を継承しています。特級畑を含む自社畑はシャンパーニュ地方屈指の288haを誇り、シャルドネ種を主体とする繊細でエレガントな独自のスタイルと安定した高い品質の味わいをお届けしています。また”ル・テタンジェ”国際料理賞コンクールやテタンジェ・コレクション等、アートと美食との融合は、テタンジェの「芸術性」と「文化性」を表した特長のひとつであり、伝統を守りながらも飽くなき挑戦を続けています。
●生産年:NV(ノン ヴィンテージ) ●生産社(者):テタンジェ ●生産国、地域:フランス、シャンパーニュ ●種類:ロゼ シャンパーニュ ●ブドウ品種:ピノ・ノワール 45%、シャルドネ 30%、ピノ・ムニエ 25% ●サイズ:750ml ●味わい:新鮮な赤い果実を想わせる香り。しっかりとした味わいとなめらかさの味のバランス。 ●合わせる料理:食前酒、新鮮な苺との相性は有名。また甲殻類(海老、蟹)との相性も見事。チーズならシャンパーニュ産のラングルがおすすめ。