山形県産 とろっこ里芋
商品番号:6953A
のし不可

山形県産 とろっこ里芋

5,940円 (税込) 軽減税率対象
送料:商品価格に含む
※この商品は現在販売しておりません。

※梱包・送料含む。
※沖縄・島しょ部へはお届けできません。
※お申し込み締め切り日:12月15日迄
※お届け時期:12月中旬~12月下旬

商品情報

とろっとなめらかとろける食感!山形自慢の「とろっこ里芋」

山形の名物料理として知られる芋煮の主役「さといも」。日本では縄文時代から栽培され、稲作以前の主食だったとされるさといもは山に自生する山芋に対し、里で栽培するので里芋と名前がついたと言われています。山形県を代表する郷土料理の一つである芋煮の主役は本来、水分が豊富な土壌での栽培が適していますが、保水力が比較的低い砂地でも食味や品質が良くなる栽培方法を確立しました。県の試験研究で「大和早生(やまとわせ)」が砂丘地での栽培に適していることが分かりました。土壌の違いもあり、水分の多い内陸地域の畑で生産されたサトイモに比べ、なめらかで柔らかい食感が特徴です。砂地で生産するため表面の汚れや水分を取り除くのも容易で収穫後の腐敗リスクや泥を取る手間も少なく、一押しの里芋です。

  • 調理例

    日本三大砂丘の地「そでうら」は自然環境と気候風土に恵まれ、水田と園芸作物の複合経営を主とする 独特の地域性を持つ、食味ゆたかな農産物の宝庫です。酒田市のJAそでうらでは砂丘地の里芋生産に力を入れています。品種は大和早生(やまとわせ)という丸芋系品種で、肌が白くきめ細かで、食べるとまろやかなとろっとしたとろけるような食感を持っています。一度食べれば虜になる里芋です。

  • 調理例

    山形の名物料理として知られる芋煮の主役「さといも」

  • イメージ

    日本では縄文時代から栽培され、稲作以前の主食だったとされる、さといもは山に自生する山芋に対し、里で栽培するので里芋と名前がついたと言われています。

  • 秀品 Lサイズ以上、5kgをお届けします。

〈日本産、山形〉 ●内容:里芋(大和早生)5kg ●常温