[ミカド珈琲]コーヒーゼリー(9個)
商品番号:6956A

[ミカド珈琲]コーヒーゼリー(9個)

3,996円 (税込) 軽減税率対象
送料:商品価格に含む
数量
在庫状況 :在庫あり

出荷予定日:6月2日

カートに入れる

※梱包・送料込
※沖縄・島しょ部へのお届けはできません。

商品情報

清涼感のある苦みとコク、「食べるコーヒー」

まろやかなオールドビーンズコーヒーを使用した、食感と風味にこだわったコーヒーゼリーです。みずみずしく、口どけのよい食感の中に、芳醇なコーヒーの香りと旨みがたっぷり凝縮されています。本格的な味わいは、まさに「食べるコーヒー」です。

  • しっかりしたコーヒーの清涼感ある苦味とコク、みずみずしく口溶けのよい舌触りがクセになります。

  • ミカド珈琲 軽井沢旧道店

    近年、焙煎が深く、苦味が突出したコーヒーにミルクを入れて飲むスタイルが流行していますが、ミカド珈琲ではコーヒー豆のもつ「苦味」「渋味」「甘み」など、色々な味覚のバランスが重要であると考え、その中でも特に「酸味」をとても大切にしています。
    「酸味」というと苦手とおっしゃられる方が多いかと思いますが、この「酸味」によって他の味覚がひきたち、コーヒー本来の味を楽しめるものだと確信しているからです。
    ミカド珈琲がいつの時代にも自分たちの味にこだわり、流されずに守ってきたコーヒーをより多くの方たちに味わっていただきたいと思っています。

  • 9個入り

ミカド珈琲
1948年に創業者金坂景助が東京・日本橋に開業した際に彼は舶来品であり、まだ一般庶民にとっては高くて口に入りづらかった「コーヒー」を先見の明を持って「将来は諸外国並みに気軽に飲める時代がくる」と予測していました。
「コーヒー豆は外国から入ってくるが、その生豆のコーヒーを焙煎して、実際に飲めるように手がけるのは日本人。そして日本人が焼いたコーヒー豆を、日本人が飲む」。金坂は、外国の飲み方、味をそのまま提供するのではなく、日本人の味覚にあったコーヒーの味、飲み方があるのではないかという考えにたどり着きました。社名を考える際に「日本人が作るコーヒーが世界に通用する味を作る会社」という志のもと、かつて彼が見たオペラより着想し「MIKADO(ミカド)コーヒー」となりました。
〈日本製〉●内容67g×9個 ●常温270日