宮崎[霧島食品] 五月の宝石3種類セット
商品番号:7093A
のし不可

宮崎[霧島食品] 五月の宝石3種類セット

5,940円 (税込) 軽減税率対象
送料:商品価格に含む
数量
在庫状況 :在庫あり

出荷予定日:1月28日

カートに入れる

※梱包・送料含む。
※沖縄・島しょ部へはお届けできません。

商品情報

九州産の大粒らっきょうを熟成させ食べやすい個包装にしました。お茶うけにもおすすめです。

九州産大粒らっきょうをじっくり漬込み熟成させ食べやすい個包装にしました。シャキシャキした食感を楽しめ、持ち運びにも便利な手軽なスナック感覚に仕上げました。刻んでカレーの薬味にするは欠かせない物ですが、お茶うけやお酒のおつまみとしてとして楽しめ、お弁当の付け合わせにも便利です。保存料・着色料・甘味料、香料、漂白剤不使用の【五月の宝石】をお楽しみください。

  • 定番の【甘酢】をはじめ、国産黒砂糖を使用した【黒蜜】、国産のシソを使い匂いも押さえた【しそ風味】3種の味をご用意しました。

  • 霧島山を望むらっきょう畑

    宮崎県は「日本のひなた」と言われ、一年を通じて温暖な気候です。そんな宮崎県の南部にある都城市は、西に霧島連山、東を鰐塚山地に囲まれ、見渡す限り農園が広がる自然豊かな町です。この地は火山噴火によるシラス台地で、水はけがよく有機物に富む黒土のため、植物の生長を促し緑豊かな自然を形成しています。また明るく温暖な気候の反面、盆地特有の昼夜の寒暖差が大きいため作物にとっては好条件です。らっきょうはユリ科の野菜ですが、寒暖差が大きく水はけのよい場所を好みます。適した気候と、水持ち・水はけがよい肥沃な土壌から、古くかららっきょうの栽培が盛んです。

  • らっきょうは中国原産のユリ科ネギ属の植物で、平安時代を迎えるころに日本に渡来したと考えられています。当時は薬用として用いられていましたが、江戸時代以降には揚げ物として、昭和以降には加工品として塩漬けが流通されていたといわれています。古来よりらっきょうは、人々の生活を支える重要な役割を果たしてきました。 食べ方も生食、炒食、煮食、塩漬け、醤油漬け、甘酢漬けの他、薬味や味噌汁にちらしたり、様々な料理のトッピングとして等用途は多彩です。

  • 一粒一粒手作業により皮の剥がれたものや根切りが十分でないもの等、選別された大粒のらっきょう。というのは、従業員の作業の“質”が必ず商品に表れるということです。「おいしく食べてもらいやんねぇ」そんな心持ちで、商品づくりに専心しております。らっきょうは袋詰めの段階で味付けが行われます。洗浄・殺菌された機械でらっきょうと漬け汁が袋に入れられ、真空包装されます。

〈日本製〉 ●内容:らっきょう(黒蜜)、らっきょう(甘酢)、らっきょう(しそ風味)×各200g×各1箱 ●常温90日