お米マイスターの米頒布会5回コース 5,000円(税込)
商品番号:99635
のし不可

お米マイスターの米頒布会5回コース 5,000円(税込)

5,000円 (税込) 軽減税率対象
送料:商品価格に含む
※この商品は現在販売しておりません。

※梱包・送料含む

■お届けは2021年5月~2021年9月の毎月下旬、5ヶ月間にわたってお届けします。
※頒布会商品のお申込みにはJALクーポンはご利用いただけません。
※お申込締め切り日:2021年4月30日
※配達希望日のご指定はお受けできません。
※代金のご請求は毎月お届けの都度となります。クレジットカードでのお支払いの場合、有効期限が2021年10月まで有効なカードでお申込みください。

■頒布会について
※諸般の事情によりお届け時期が前後する場合がございます。
※商品のお届け先は期間中、同一の宛先でお願いいたします。(転居などによる住所変更の場合はお届月の前月末までにご連絡ください。)
※期間途中での解約はご容赦願います。

商品情報

「食べていただきたいごはんがあります」。「江戸の米蔵」店主の厳選5品種。

  • 江戸の米蔵 プレミアム精米

    旨み層ギリギリまで精米を行うことでそのお米の持つ旨みを引き出します。更に、炊きあがりの美しさを追求するとともに、炊きむらや無駄なべたつき等をなくすため、精米後に割れたお米や小さな粒を取り除きます。業界最高水準2.1mmの粗い網で振いをかけ、徹底除去する事で、粒ぞろいの美しい炊きあがりのごはんとなります。

五ツ星お米マイスターの渋谷誠さんが選ぶ、こだわりの米を味わう。

「厳選した一等米」と「こだわりのプレミアム精米」で 日本一の食味のお米を作り出す「江戸の米蔵」。美味しいお米を5カ月間、是非お楽しみください。

  • 五ツ星お米マイスターがアドバイス!

  • お米マイスターとは?

    お米に関する幅広い知識を持ち、米の特性、ブレンド・炊飯特性を見極められるお米の博士号ともいえる資格。

1回目 5月下旬のお届け:一等米 佐賀県太良町産「さがびより」

●内容:5kg×1袋

  • 日本穀物検定協会食味評価10年連続で特A。冷めてもかわらぬ美味しさ。

    ミネラル豊富で肥沃な土地の太良町産「さがびより」は粒が大きく、きめ細かく透きとおり、もっちりとした食感が特長。

2回目 6月下旬のお届け:一等米 新潟県産「新之助」

●内容:5kg×1袋

  • 米どころ新潟の新品種。コシヒカリとは一味違う美味しさ。

    大粒で艶があり、甘みとコクと粘りと弾力が持ち味。ほぐれやすいが粘りも強い、いい所取りの新潟県の新品種です。

3回目 7月下旬のお届け:一等米 北海道南るもい産「ゆめぴりか」

●内容:5kg×1袋

  • 炊きあがりの美しさに感激。

    しっとりとした粘りと、ほどよい旨みは、平成29年に米-1グランプリで金賞に輝いた、北限の稲作地帯留萌で育った高品質米。

4回目 8月下旬のお届け:一等米 特別栽培米 秋田県大潟村産「あきたこまち」

●内容:5kg×1袋

  • 艶と粘りのバランスが絶妙のお米。

    秋田県大潟村で安心・安全な特別栽培で育った一等米。やや小粒でも、デンプン質のバランスが良く食味にも優れたお米。

5回目 9月下旬のお届け:一等米 新潟県魚沼産 旧塩沢地区限定「こしひかり」

●内容:5kg×1袋

  • 南魚沼・旧塩沢地区産は別格。

    妥協を許さず高品質を守り続けてきた旧塩沢地区は、日本米生産地の中でも特に評価が高く、流通量の少ない希少性の高いお米。

五ツ星お米マイスターお薦めする、おいしいご飯の炊き方!

折角の美味しい一等米ですからおススメの炊き方で更に更に美味しく召し上がってください。

①【研ぐ時は素早くササッと♪】
はじめの一回はサッと表面のヌカを洗う程度で水を流してください。更に、この時に軟水を使うと弾力のあるご飯に仕上がります。
お米ははじめの水を良く吸いますので、のんびりしているとヌカくさいお米になります。その後2・3度水を取替え軽く洗ってください。

②【 浸ける事でふっくら♪】
浸水時間は【春・夏時期は30分程】【秋・冬時期は60分程】が目安です。水温によって浸透時間が異なります。きちんと水に浸ける事で弾力のあるお米が出来上がります。ここも軟水がお薦めです。

③【浸けた後はザルにあけて水切り♪】
水に浸ける事で、酵素が活性し不純物(残留農薬・糠臭・アクなど)を排出してくれます。ザルにあけることで、お米に付着した不純物を取り除くことができます。
浸けたままの水で炊かずに、ザルにあけて5分程の水切りをし、軟水を使用する事で、更に綺麗で美味しいお米が炊けます。

④【水加減は季節や品種で変えて♪】
生米の1.2倍~1.4倍ぐらいの水加減が目安です。季節やお米の品種・保存状態で水加減を変えてください。釜のメモリに頼るといつも上手に炊けるとは限りません。
お好みの硬さに少しずつ調節していきましょう。また、備長炭 を入れて炊く事で遠赤外線効果で白くふっくら炊きあがります。

⑤【蒸らしてほぐして美味しいご飯♪】
火が止まってもお米の芯までは水分が行き渡っていません。蒸らす事で芯まで行き渡ります。その後、無駄な水分を飛ばすためほぐします。
ほぐす事でお米にマクができ旨みが増します。これで美味しいご飯の出来上がりです!

保存方法

【密封して冷蔵庫】これに勝る保存法はございません。
・精米したお米は、空気に触れ酸化が進み、更に保管温度の上昇で劣化が進みます。上手に保存ができれば「新鮮さも保たれ」「美味しさも長持ち」いたします。特に夏場などは正しい保管で虫がわく事もございません。
・お米劣化の最大の敵は「温度」です。保管場所の温度の上昇がお米の古米化を進めていきます。保管温度を15度以下にすることでお米の劣化や古米化する事を極端に遅らせる事が出来ます。
・お米は乾燥すると割れ米が増え、食味低下の原因になります。保管の際には乾燥を防ぐために密封できる容器や袋に入れて保管しましょう。また、お米は大変匂いが付きやすい食品です。匂いの強い物のそばに保管すると匂いが移り、炊きあがりにその匂いが残ってしまい不味の原因となります。洗剤や漬けものなどの近くに保管しない様ご注意ください。
・お米につく虫は気温が上がると、田んぼでうみつけた卵がふ化し始めます。脱穀・精米などでほとんどの卵は残りませんが、まれにお米のヌカに付着している卵から発生する事がございます。これも低温で保管することで防ぐ事が出来ます。