小旅行は脱・コロコロ!
1泊2日が楽勝な「高機能バッグ6選」

春の行楽シーズンを間近に控え、旅先への想いも膨らむこの季節。
とはいえ情緒のある観光地に限って、石畳や未舗装路なんてケースも少なくありません。
そんな時に頼りになるのが、キャリーケース以上に“小回りの効く”バッグです。
大容量のリュックやショルダータイプなら1泊2日の小旅行は余裕でカバーでき、
両手が空くから旅先でストレスを感じることも減るってわけ。
JALショッピングが厳選する6つのバッグで、脱・コロコロ始めてみませんか!?

〈バートン〉のトラバース 35L バックパック

よりアクティブに、スマートに。大容量の3層構造がショートトリップを変える。

ビジネスシーンにも対応しうる端正なルックスもさることながら、特筆すべきは収納力の高さ。約35Lという大容量に加え、3層に区切られた内部構造で使い勝手をさらに高めた“背負うキャリーケース”の登場です。
キャリーケースのように全開するメインコンパートメントには、ノートPCが収納できるパッド付きのスペース、メッシュディバイダー、さらにはシューズ専用のポケットを完備。ほかの荷物を汚すことなく替えの靴まで携帯できるのは、アクティブな大人にとってありがたい限り。出張帰りに趣味の登山、なんていうショートトリップだって楽しめるはずです。

〈モズ〉のがま口リュック

  • シンプルデザインながら、着用者第一の利便性。北欧テイストが存分に。

    上部が“がま口”のように開くユニークなデザインは、使い勝手に大きく寄与。スウェーデンブランド〈モズ〉からは、シンプルな見た目ながらしっかりと使用者目線に立った、実に北欧らしいリュックが届きました。
    開いた中を覗いてみると、2つの大きいポケットが。それぞれたっぷりのスペースが設けられ、片方に着替えを、もう片方には財布などの小物類をと、荷物の分類が容易です。中面の生地には〈JALショッピング〉オリジナルで赤×白のストライプ柄があしらわれ、隅には伸縮素材を使ったミニポケット(通称「モズポケット」)も装着。本体は丈夫なナイロン製で、背面にはムレを防止するメッシュ素材が使われるなど、長時間の着用も苦になりません。

〈ポーター〉のJALオリジナル2WAYトートバッグ

特別感たっぷりの完全オリジナル。活躍の場を選ばない大人顔トート。

軽さと耐久性に優れた〈ポーター〉らしいオーソドックスな形のトートは、肩がけがしやすい長さに調整されたハンドルを装備。しかもショルダーにもなる2WAYタイプだから、両手を空けたい旅先での利便性を確保します。オン・オフ問わず活躍の場を選ばないこちらは、実は〈JALショッピング〉とのオリジナルコラボ。ここでしか買えない限定アイテムなのです。
もちろん中身だって大充実。B4サイズの書類まで入れられるメインポケットのほか、13インチのPCも余裕で収まる緩衝材付きのサブポケットや細かなミニポケットを用意し、ビジネストリップにもバッチリ対応します。また鋲付きの底部には水や汚れに強いターポリン素材を使い、床への直置きも気兼ねなし。内装のロゴもダブルネーム仕様で、特別感を高めています。

〈トゥミ〉のエクスパンダブル・オーガナイザー・ラップトップ・ブリーフ

ブランドらしい機能美が宿る、“能ある鷹”的な大容量ブリーフ。

世界中のビジネスパーソンから絶大な信頼を得る〈トゥミ〉。すっきりとした外見からは想像もできないような機能的特徴を持つバッグは、まるで“能ある鷹”の如し。ショルダーストラップを付けて肩がけ可能なこのブリーフケースも、驚くべき“爪”を隠し持っています。
ギミックのカギを握るのが、バッグ中央をぐるりと一周するファスナー。これを開くことでマチが広がり、収納力がさらにアップするのです。その他のディテールも白眉で、撥水加工が施されたフロントの逆U字ポケットは、折り畳み傘や濡れたペットボトルの収納時に力を発揮。PCを収納できるクラッチバッグも付属します。JALショッピングとのコラボレーションの証として内装は赤いパイピングで彩られ、〈トゥミ〉と〈JAL〉の2つのロゴを刻印したラゲージタグまで付随するのも見逃せないポイントです。

〈マリメッコ〉のバックパック

使うほどに実感する、飽きのこないデザインと親切設計。

〈マリメッコ〉といえば、ポップでキュートなテキスタイルで人気のブランド。一方でミニマルさやシックなテイストにも定評があり、こちらのリュックはともにユニセックスで使えるブラックとグレーの2種類がスタンバイします。
飽きのこないデザインと同様に、使うほど実感するのが痒い所に手が届く親切設計。大きく開くメインポケットは下にいくほどにマチが広がり、大容量ながらすっきりとしたシルエットを保ちます。ナイロン素材で汚れに強く、毎日使っても安心。支えがなくとも自立するため、とっさにファスナーを開いた際にも中身が出てしまう危険性が少ないのです。

〈トランスタンダード〉のマルチユースバックパック

アイデア次第で用途が広がる! 目ウロコ発想のボックスinリュック。

「マルチユース」の名称はダテではありません。なんとこちらは上下で2層構造を採用し、バッグ下部には着脱可能なボックスを装着。たとえば旅先の部屋でそれを取り外すことで、そのままケースとして使えるというのだから驚きです。
ボックスにはカメラバッグの緩衝材のようなクッションが入っているため、携帯時の衝撃から大切な荷物をしっかりガード。仕切りはマジックテープで取り外し可能で、好みのスペースを確保できます。デジカメなどのデジタルガジェットを入れるもよし、女性であれば化粧品などの持ち運びにも重宝しそうです。当然ながら、ボックスを取り外した際には収納力が一段とアップ。この”2段構え”も、転ばぬ先の杖になってくれそうです。