家族経営ならではの
『少量逸品主義』、
決して妥協することなく
高品質のシャンパーニュを
追及し続けるメゾン

ビルカール・サルモンは、1818年にニコラ・フランソワ・ビルカールと妻であるエリザベス・サルモンによって、マレイユ・シュル・アイ村に設立。以来、約200年・7 世代に渡り、良心的な家族経営を続けつつ、世界的ブランドとしての地位を確立。家族経営ならではの「妥協なき品質追及」「独自の手造り製法」「少量逸品主義」をモットーとして、古い習慣にとらわれることなく、新しい技術も積極的に導入し、高品質なシャンパーニュを造り続けています。

ピュアな味わいへのこだわり

ビルカール サルモンが目指すピュアな味わいを追求し、すべてのぶどうを丁寧に手摘みで収穫。ブドウのキレのいい酸を保つことを特に重視し、畑の近くにプレスハウスを設置して、収穫してすぐにプレスすることを徹底しています。
プレスしたジュースは、ラ キュヴェと呼ばれる一番絞りジュースのみを使用しています。 一番絞りのジュースは酸度が高く、爽やかなアロマを有しており、長期熟成の特別なシャンパーニュ造りに適しているといわれています。

品質への妥協なき挑戦

1958年、5代目当主ジャンローラン-ビルカールは伝統的な造り方へ敬意を払いながらも、低温発酵という新たな技術を導入し、ビルカール・サルモンのシャンパーニュに「フレッシュ、美しい果実味、エレガントさ、繊細さ」を印象付けることに成功しました。酵母がぎりぎり活動できる13度という低温で6週間( 通常の3倍!)かけてゆっくり発酵させることで、ぶどうのもつポテンシャルを最大限引き出します。
収穫からの温度管理で一度も温度上昇しないので、ピュアさ、繊細さが損なわれることがありません。

樽熟成によるアロマへのこだわり

ビルカール・サルモンには、400個以上のオーク樽と8,000Lの大樽を擁する醸造室が2つあります。 ワインの複雑で豊かなアロマを実現するために、ひとつひとつの樽が細心の注意を払って選別され、加工されています。メゾンのスタイルと過去から培われたノウハウに忠実に従い、清涼感とメゾンのシャンパーニュの特徴であるエレガンスを引き出すため、低温で醸造されます。

※樽熟成は限られた銘柄でおこなっております。

繊細に感じられる泡へのこだわり

まるで時間が止まったかのような、17世紀と19世紀のチョーク質土壌からなる天然のセラー。
AOC (原産地統制名称)で定められた期間の倍の期間、瓶内熟成を行うことで、アロマが際立ち、繊細さ、バランス、エレガンスといったビルカール・サルモンの特徴がうまれ、口に入れた瞬間の感動を生み出します。