シモンズ150周年 シモンズ150周年

上質な眠りを追及し続けるシモンズは、今年で150周年を迎えます。
JALショッピングでは2種類の特別なシリーズをご紹介。
もちろん、マイルもたまります。

ザルモン・シモンズ

SIMMONS
History topics
 Since 1870 

良質な睡眠をたくさんの人へ

1870年、創業者のザルモン・シモンズは、ウィスコンシン州ケノーシャに最初の工場を設立。やがてワイヤーを用いたマットレスの大量生産を開始。「良質な睡眠をたくさんの人に届ける」という使命感は創立当時に生まれ、今日まで受け継がれています。

良質な睡眠をたくさんの人へ
ベッド文化を世界へ

ベッド文化を世界へ

アメリカでの飛躍を背景に1911年から海外への展開がはじまります。外国に工場を作り、それぞれの風土や人々にあったマットレス製造を始めたのもこのころです。世界中の人々が、快適な夜を送れるようベッドが普及していない地域にも積極的に工場をつくり、ベッド文化を世界へと広めていきました。

Beautyrest誕生

1920年代好景気に沸くアメリカでは誰もが、今までにない新しい商品、新しいサービスを求めていました。1925年にシモンズはワイヤーを巻いて袋状の布へ封入する機械を開発。シモンズの最大の発明にして今日までのシモンズを支えてきた大ヒット商品、ポケットコイルマットレス「ビューティレスト」がここに誕生したのです。 

Beautyrest誕生

シモンズで眠ると画期的なアイデアが浮かぶかも

発明王トーマス・エジソンもシモンズ愛用者の一人です。快適な睡眠を取れ、あなたにも画期的なアイデアが生まれるかも。また、ファーストレディや各界のセレブにも愛用され「ビューティレスト」は美しい寝姿勢で快適な寝心地を提供すると評判になり爆発的な大ヒットとなっていきました。

使用者の生活を考えて
その時代に合わせた提案を

世界恐慌がおとずれ多くの家庭がマイホームや、広々とした部屋をあきらめなければなりませんでした。また人口が増加した大都市の人々は、狭い部屋でも快適に使える寝具を求めていました。シモンズは、そのような環境でも快適に過ごすことができるよう昼間はソファ、夜はベッドとして使える新商品を発売します。「ハイダーベッド」と名づけられたその商品はホテルや客船のエクストラベッドなど新しい市場を開発し、「ソファベッド」という家具のジャンルを確立しました。

使用者の生活を考えてその時代に合わせた提案を
アメリカシモンズの技術を受け継ぎ日本人のための国産ベッドを製造

アメリカシモンズの技術を受け継ぎ
日本人のための国産ベッドを製造

1964年、東京オリンピックの年、シモンズは銀座に事務所を設立しました。アメリカシモンズのマットレス製造の技術と信念を受け継ぎながら、日本人のためのマットレスの開発と製造を始めました。設立当時日本にはベッドが普及していませんでしたが「快適な眠りを通じて世の中を幸せにしたい」という伝統の精神を受け継ぎ、日本でベッド文化の啓蒙につとめました。日本人の体格や、日本の風土を研究して、本場アメリカの技術を国産品質で実現。今日でも国産のマットレスにこだわっています。

ザルモン・シモンズ

SIMMONS
History topics

 Since 1870 

良質な睡眠をたくさんの人へ

1870年、創業者のザルモン・シモンズは、ウィスコンシン州ケノーシャに最初の工場を設立。やがてワイヤーを用いたマットレスの大量生産を開始。「良質な睡眠をたくさんの人に届ける」という使命感は創立当時に生まれ、今日まで受け継がれています。

良質な睡眠をたくさんの人へ

ベッド文化を世界へ

アメリカでの飛躍を背景に1911年から海外への展開がはじまります。外国に工場を作り、それぞれの風土や人々にあったマットレス製造を始めたのもこのころです。世界中の人々が、快適な夜を送れるようベッドが普及していない地域にも積極的に工場をつくり、ベッド文化を世界へと広めていきました。

ベッド文化を世界へ

Beautyrest誕生

1920年代好景気に沸くアメリカでは誰もが、今までにない新しい商品、新しいサービスを求めていました。1925年にシモンズはワイヤーを巻いて袋状の布へ封入する機械を開発。シモンズの最大の発明にして今日までのシモンズを支えてきた大ヒット商品、ポケットコイルマットレス「ビューティレスト」がここに誕生したのです。 

Beautyrest誕生

シモンズで眠ると画期的なアイデアが浮かぶかも

発明王トーマス・エジソンもシモンズ愛用者の一人です。快適な睡眠を取れ、あなたにも画期的なアイデアが生まれるかも。また、ファーストレディや各界のセレブにも愛用され「ビューティレスト」は美しい寝姿勢で快適な寝心地を提供すると評判になり爆発的な大ヒットとなっていきました。

使用者の生活を考えて
その時代に合わせた提案を

世界恐慌がおとずれ多くの家庭がマイホームや、広々とした部屋をあきらめなければなりませんでした。また人口が増加した大都市の人々は、狭い部屋でも快適に使える寝具を求めていました。シモンズは、そのような環境でも快適に過ごすことができるよう昼間はソファ、夜はベッドとして使える新商品を発売します。「ハイダーベッド」と名づけられたその商品はホテルや客船のエクストラベッドなど新しい市場を開発し、「ソファベッド」という家具のジャンルを確立しました。

使用者の生活を考えてその時代に合わせた提案を

アメリカシモンズの技術を受け継ぎ日本人のための国産ベッドを製造

1964年、東京オリンピックの年、シモンズは銀座に事務所を設立しました。アメリカシモンズのマットレス製造の技術と信念を受け継ぎながら、日本人のためのマットレスの開発と製造を始めました。設立当時日本にはベッドが普及していませんでしたが「快適な眠りを通じて世の中を幸せにしたい」という伝統の精神を受け継ぎ、日本でベッド文化の啓蒙につとめました。日本人の体格や、日本の風土を研究して、本場アメリカの技術を国産品質で実現。今日でも国産のマットレスにこだわっています。

アメリカシモンズの技術を受け継ぎ日本人のための国産ベッドを製造