TALEX Interview

プロスキーヤー 冒険家 三浦雄一郎

三浦雄一郎氏
Mountain Climbing Story

パートナーは、タレックス

裸眼よりはっきり見える
だからこそ信頼できる

目から入ってくる情報はとても大事です。山には雪に覆われて隠れているヒドゥンクレバスという割れ目があって、うっかり見落とすと中に落ちて遭難することがあるんです。一見、真っ平で何もない様に見えるんですが、いい偏光サングラスをかけていると、ちょっとした地形や雪面の変化まで教えてくれる。僕はエレベストでもアコンカグアでも、タレックスのおかげで、何度も命拾いしましたよ。雪面の微妙な変化がよく見えるし、隙間から光や風が入りにくいので、普段のスキーでもタレックスを使っています。

三浦雄一郎氏

タレックス商品ご購入はこちら ≫

三浦雄一郎氏

人生を楽しむために
日頃から目の保護を

ものがよく見えるということは、安全であるだけじゃなく、自分の楽しみが広がることでもあるんです。タレックスのサングラスは余計な光線をフィルターが取り除いてくれて、肉眼で見るよりももっとくっきり、はっきりとピントの合った絵が目の前に広がる感じ。同じ山でもタレックスをかけて登ったら前は気づかなかった緑の陰影まではっきり見えて、改めて自然の美しさに感動することがあります。

それに、ピントが合ってクリアに見えると目の疲れがだいぶ違いますね。レンズに歪みがなく、余分な光が入ってこないので、長時間かけていても目が疲れないんです。オーバーグラスは顔にフィットしますが、軽くて圧迫感が少ないので、メガネをかけ慣れていない僕でも、まったく違和感がありません。メガネをかけている方は、そのまま上から重ねて使えるから便利ですよね。

僕は、エベレストから帰ってからタレックスが手放せなくなって、普段トレーニングをするときも、街中を歩くときも、車で移動するときも、必ずタレックスをかけています。歳を重ねると、どうしても目の機能が弱ってきて、紫外線の刺激を受けやすくなってくるので、日頃から目を保護しておくことが大事だと思います。

三浦雄一郎氏

僕の人生のモットーは、常に夢を持ち、夢を追いかけることです。
くっきりはっきり見えるっていうのは、人生そのものが新鮮に感じられて、気分まで爽快になります。
青春を取り戻したみたいに感じられるタレックスを相棒に、90歳で私と息子、孫の3世代でキリマンジャロ登頂を目指したいと考えています。

裸眼よりはっきり見える
だからこそ信頼できる

目から入ってくる情報はとても大事です。山には雪に覆われて隠れているヒドゥンクレバスという割れ目があって、うっかり見落とすと中に落ちて遭難することがあるんです。一見、真っ平で何もない様に見えるんですが、いい偏光サングラスをかけていると、ちょっとした地形や雪面の変化まで教えてくれる。僕はエレベストでもアコンカグアでも、タレックスのおかげで、何度も命拾いしましたよ。雪面の微妙な変化がよく見えるし、隙間から光や風が入りにくいので、普段のスキーでもタレックスを使っています。

三浦雄一郎氏

人生を楽しむために
日頃から目の保護を

ものがよく見えるということは、安全であるだけじゃなく、自分の楽しみが広がることでもあるんです。タレックスのサングラスは余計な光線をフィルターが取り除いてくれて、肉眼で見るよりももっとくっきり、はっきりとピントの合った絵が目の前に広がる感じ。同じ山でもタレックスをかけて登ったら前は気づかなかった緑の陰影まではっきり見えて、改めて自然の美しさに感動することがあります。

それに、ピントが合ってクリアに見えると目の疲れがだいぶ違いますね。レンズに歪みがなく、余分な光が入ってこないので、長時間かけていても目が疲れないんです。オーバーグラスは顔にフィットしますが、軽くて圧迫感が少ないので、メガネをかけ慣れていない僕でも、まったく違和感がありません。メガネをかけている方は、そのまま上から重ねて使えるから便利ですよね。

僕は、エベレストから帰ってからタレックスが手放せなくなって、普段トレーニングをするときも、街中を歩くときも、車で移動するときも、必ずタレックスをかけています。歳を重ねると、どうしても目の機能が弱ってきて、紫外線の刺激を受けやすくなってくるので、日頃から目を保護しておくことが大事だと思います。

僕の人生のモットーは、常に夢を持ち、夢を追いかけることです。
くっきりはっきり見えるっていうのは、人生そのものが新鮮に感じられて、気分まで爽快になります。
青春を取り戻したみたいに感じられるタレックスを相棒に、90歳で私と息子、孫の3世代でキリマンジャロ登頂を目指したいと考えています。

プロスキーヤー 冒険家 三浦雄一郎

1932年生まれ。北海道大学獣医学部卒業。ミウラ・ドルフィンズ代表取締役。クラーク記念国際高等学校校長。2013年、80歳にて3度目のエベレスト登頂。自身が持つ世界最高年齢登頂記録を更新した。アドベンチャー・スキーヤーとしてだけでなく、行動する知性派また教育者として国際的に活躍中。

プロスキーヤー 冒険家
三浦雄一郎

1932年生まれ。北海道大学獣医学部卒業。ミウラ・ドルフィンズ代表取締役。クラーク記念国際高等学校校長。2013年、80歳にて3度目のエベレスト登頂。自身が持つ世界最高年齢登頂記録を更新した。アドベンチャー・スキーヤーとしてだけでなく、行動する知性派また教育者として国際的に活躍中。

三浦雄一郎氏

TALEXを疑似体験できる動画はこちら!

TALEXを疑似体験できる動画はこちら!