情野ソムリエの Wine Collection vol.1シャルドネ

情野ソムリエの Wine Collection vol.1シャルドネ

情野 博之

宮内庁・宮家・首相官邸接遇サービスを経て2007年から有楽町フランス料理店 「アピシウス」シェフソムリエを務める。NHKプロフェッショナル仕事の流儀で密着取材が放送されるなどメディアでも活躍。

■国際ソムリエ協会認定 インターナショナル・ソムリエ
■ゴ・エ・ミヨ ガイド2019「ソムリエ オブ ザ イヤー」
■シャンパーニュ・アンリオ アンバサダー
■自由が丘ワインスクール主任講師
■女子栄養大学非常勤講師
■シャンパーニュ騎士団 認定オフィシエ

シャルドネ

シャルドネは世界の白ワインで最も多く栽培されているブドウ品種です。ブルゴーニュのシャブリをはじめ、ワインに馴染みのない方でもシャルドネの名は聞いたことがある方が多いのではないでしょうか。デイリーワインから高級ワインまで様々な価格帯のワインが生産され、好き嫌いなく誰からも愛される品種です。
栽培が比較的容易かつ土地の特徴が良く反映され、また生産者の意向により様々な味わいに仕上げることのできる、変幻自在で魅力的なブドウ品種です。
必ず一つは自分好みのシャルドネを見つけられる豊富なラインナップをご用意いたしました。

  • comment

    『白ワインの真骨頂』を実感!
    シャルドネは栽培のしやすさも手伝って、世界の白ワインで最も多く栽培されている品種です。そのシャルドネの故郷は、ブルゴーニュの南に位置する『シャルドネ村』とされていますが、近年までブルゴーニュの畑ではアリゴテ種やピノ・ブラン種などと混植されていました。ですので、実はブルゴーニュ=シャルドネの図式が成り立ったのはここ100年ほどのことと言えるでしょう。
    一言でブルゴーニュといっても北から南まで200km以上の距離がある産地ですので気温にも差があり、それぞれの産地にはブルゴーニュ特有のテロワールと言われる風土味がありますので同じブルゴーニュのシャルドネでも産地によって微妙な味わいの違いが感じられるのです。この複雑な違いをあえてシンプルに図式化するのであれば『北の産地は酸味が豊かでキレがある』、『南の産地は果実味がありまろやか』と言えるでしょうか。一方で、クセがなく味わいには安定したまろやかな果実味が感じられるという点は細かな産地を超えてブルゴーニュ・シャルドネに共通する特徴でしょう。今回のこのセットで『クセがなくて飲みやすい誰からも愛されるブルゴーニュ・シャルドネ』の様々な方向性を感じていただけると思います。『白ワインの真骨頂』を実感してください。

商品の詳細はこちら
その他ブルゴーニュワインはこちら

  • comment

    『シャルドネの現在(いま)』を体験!
    まろやかな味わいで、好き嫌いなく誰からも愛される品種シャルドネはワイン用ブドウとしては世界で最も多く栽培されており、エントリークラスからハイエンドな味わいまで様々なワインが造られています。栽培が比較的容易で、様々な気候の産地で生産されているため、暖かい産地なら素直な果物の味わい、涼しい産地ではキリッとした酸味の程よい味わいまで、シャルドネ一つでその味わいは様々です。また生産者の意のままにワインを作ることができる品種でもあり、生産者の作り方や、哲学を反映させやすい品種とも言えるでしょう。例えば樽を効かせる生産者から、樽の香りを嫌いシャルドネのピュアな味わいで勝負する生産者まで造り手の個性を反映してその味わいは多種に渡ります。このシリーズのワインはそんなシャルドネの様々な個性を余すことなく網羅したシリーズです。このセットを飲めば『シャルドネの現在(いま)』を体験していただけること間違いなしです。

商品の詳細はこちら
その他シャルドネはこちら

  • comment

    純粋な『シャルドネの本音』を体感!
    約40年前の日本のフランス料理店ではシャブリなくしてワインリストが成立しませんでした。そんな『白ワイン=シャブリ』といった時代は長く、本場パリでも牡蠣にシャブリの組み合わせは伝統的で古典的な組み合わせと言えました。シャブリは人気の高まりと共に生産量を増やしていったのですが、ワイン産地がボーダーレス化し世界で様々なワインが流通される様になるにつれ、徐々にワインの世界で埋没してしまいました。僕らソムリエも『シャブリを軽んじてしまった』のもいけないのでしょう。
    ところが近年のテロワールブームによって産地の個性がピックアップされると、キンメリジャンという貝殻を含む土壌によって成り立つシャブリの人気に再び火がつきました。近年ではお料理も全体的にライトで食材の旨みを前面に押し出す料理が増え、クセのないシャブリはお料理を引き立たせてくれます。大量生産する生産者ではなく、今回は家族経営に近いワインをつくりあげるスタイルの生産者。決して大柄なワインではないですが、純粋な『シャルドネの本音』を感じていただけます。

商品の詳細はこちら
その他シャブリはこちら

  • comment

    幅広い料理に合うヴォリューム感
    ブルゴーニュのムルソーの味わいのキーワードは『まろやか』。酸味が効いてキレがあるというより、口当たりよく飲みごたえがある味わいです。味わいの中盤から苦みと果実味がしっかりした感じになってきます。コクがありしっかりした味わいですのでシャルドネらしさを十分に満喫できると思います。クリーム系のお料理にはとても相性がよく、エビクリームコロッケなどとの組み合わせは楽しめそうです。13度ぐらいの温度であまり冷やしすぎずに楽しみたいですね。

商品の詳細はこちら

  • comment

    これぞシャルドネ!の華やかさ
    世界中のシャルドネ生産者が少なからず、お手本にするのがブルゴーニュのモンラッシェ。そのモンラッシェを生み出すこのシャサーニュ・モンラッシェ村のワインは酸味と果実味のバランスの良さの上に、わずかに樽の香りが感じられ、時間と共にキノコやヴァニラの様な香りが広がってきます。味わいは優しくまろやかな印象。酸味は程よく感じられてメリハリが効いています。この酸味がこのワインの味わいの輪郭をはっきりさせているため、立体感が感じられます。エビフライや鶏の唐揚げなど香ばしい揚げ物などと合わせたい。香り重視のワインですので温度は高めで、まろやかに楽しんでいただきたい1本です。

商品の詳細はこちら
その他シャブリはこちら