情野ソムリエの Wine Collection vol.4ソーヴィニョン・ブラン

情野 博之

情野 博之

「トゥールダルジャン」シェフソムリエを経て、2007年から有楽町フランス料理店 「アピシウス」シェフソムリエを務める。NHKプロフェッショナル仕事の流儀で密着取材が放送されるなどメディアでも活躍。

■国際ソムリエ協会認定 インターナショナル・ソムリエ
■ゴ・エ・ミヨ ガイド2019「ソムリエ オブ ザ イヤー」
■シャンパーニュ・アンリオ アンバサダー
■自由が丘ワインスクール主任講師
■女子栄養大学非常勤講師
■シャンパーニュ騎士団 認定オフィシエ

ソーヴィニョン・ブラン

ソーヴィニョン・ブランは世界のブドウ栽培面積ベスト10に入り、栽培可能な温度帯の幅もある程度広いため栽培しやすく、日本ワインでもよく見かけるようになってきました。
そういう意味でも、今話題の品種と言って過言ではありません。
ハーバルや柑橘系フルーツの香りが主体で、しかも酸味が程よく効いた味わいなので、喉越しよく、特に暑い夏には活躍してくれます。
スッキリしたクセがない味わいは料理とのマッチングの幅が広く、食前から食中までどのタイミングでも楽しめます。よく冷やしてベランダ、アウトドアで楽しんでもいいでしょう。『ノーリスク』『いつでもどこでもソーヴィニョン・ブラン』迷わずお勧めできる夏イチオシの品種です。

  • comment

    ソーヴィニョン・ブラン早分かり、世界のトレンドを知る
    こちらのセットはソーヴィニョン・ブランの今(いま)を知ることができます。ヨーロッパのソーヴィニョン・ブランは食中向きで少し重めに仕上がることが多く、一方ニューワールドのソーヴィニョン・ブランは概ね軽やかで食前に楽しめるタイプがそろいます。共通するテイストは『スッキリ・爽やか・キレが良い』という三拍子が揃い、『ハーブのような』抜け感のある香りが特徴です。
    こちらのセットはソーヴィニョン・ブランの『肩肘はらずに楽しめる』味わいを体感していただけます。どれを飲んでもハズレなし、飲みやすくかつ軽やかな味わいで、暑い季節には外せないセットに仕上がっています。

商品の詳細はこちら
その他ソーヴィニョン・ブランはこちら

  • comment

    暑い季節に選びたい、香り高くてクセのない様々なワイン達
    ソーヴィニョン・ブランの爽やかさは最低の味わい保証ですが、普段はあまり手にすることがなさそうなおすすめしたい品種があります。その品種は、ひたすらキレのある『リースリング』、ほんわかした印象の『ゲヴュルツトラミネール』、『緑のワイン』と訳される『アルヴァリーニョ』です。いずれも癖がなく樽の香りなどほとんどなく『作り込まないブドウのピュアさ』が特徴。各ブドウ本来の個性が生きています。このセットを飲めば、白ワインの様々なヴァラエティと個性を楽しんでいただけます。

商品の詳細はこちら
その他白ワインセットはこちら

  • comment

    ソーヴィニョン・ブランの真髄、フランスの様々なテロワールを体感する
    元々フランスが原産とされるソーヴィニョン・ブランですが、産地が違えば様々な味わいの表現が現れます。ハーブの表現で言えば、南の産地なら『ヨモギ』のような濃い緑がイメージされるし、北産地なら『アサツキやセルフィユ』のような淡い緑の香りがあります。いわゆる南は濃くて北はライトという感じです。このセットを飲んでみて、ソーヴィニョン・ブランの個人的な好みを発見してください。

商品の詳細はこちら

  • comment

    ペサック・レオニャンはボルドーの市内から最も近い生産地なので割と現地ではよく飲まれるワインですが、日本ではまだまだボルドーの隠れワイン産地と言えるのではないでしょうか?
    ペサック・レオニャンのワイン個人的には好きなんですよね。ソーヴィニョン・ブランのキレだけでなく、セミヨンのコクがよくマッチしています。程よい樽香もあり、ワインに厚みがあります。このワインを飲めば、赤ワインをいらないと思えるほどの満足感があり、完成度の高いワインです。

商品の詳細はこちら

  • comment

    1976年『パリスの審判』でテイスティングで見事1位に輝いたワイナリー、スタッグス・リープが手がけるソーヴィニョン・ブラン種の味わいは、スッキリ爽やかとは真逆、まろやかでコクのある味わいで飲みごたえがあります。アルコールのボリューム、骨格もある重厚な仕上がりで、『ソーヴィニョン・ブラン=食前酒』という構図はこのワインには当てはまりません。ぜひ食中で飲むべきでしょう。

商品の詳細はこちら

  • comment

    ロワールの名門ワイナリー、アンリ・ブルジョアが新興のソーヴィニョン・ブランの産地マールボロで展開する、ちょっと上を行く高級ラインのソーヴィニョン・ブランです。
    香りはシトラス系とパッションフルーツや白桃を思わせる香りがあり、シンプルというよりやや複雑な香りがグラスに充満してきます。味わいも酸味がスッキリしながらほんのりと苦みの味わい。ワイン造りもロワールで華やかな歴史を築いてきた名門の片鱗が窺えます。
    懐の深さがある『来る者拒まず』スタイルですので、食中に楽しみたい味わいです。油淋鶏などチキン料理との組み合わせは絶品です。

商品の詳細はこちら