Zanter 国産ダウンの先駆者「ZANTER」の優秀ダウン

日本のダウンウエアの歴史を作った

「ZANTER(ザンター)

1951年日本がまだ戦後まもない頃、軽く暖かい本格的登山服を日本人の手で作りたいという強い思いを込め、東洋羽毛工業から国内で最初のダウンウエアが誕生しました。そのブランド名が〈ザンター(山を登る人)〉です。1952年にはエベレスト登山隊に羽毛服、シュラフを納入。1953年~1956年には第1次~第3次マナスル遠征隊に羽毛服、シュラフを納入するなどの実績を重ね、1956年に第一次南極観測船"宗谷"の遠征チームに装備のサポートを行いました。

地球上で最も寒冷な地域・南極の、マイナス60度に及ぶ厳しい環境下でもミッションがスムーズに遂行された実績が、その後現在に至るまで南極観測隊の装備を担うことになります。〈ザンター〉の名前は1973年に株式会社名となり、極地装備でのノウハウを引き継ぎ、常に時代の最先端となる国産ダウンウエアを提供し続けています。

「ZANTER」のダウンウエアが誇る

真面目なモノづくり

優秀
南極の寒さでも温かい
ダウンパーカーは、
800フィルパワーの
高品質羽毛だけを採用

ダウンウエアに使用する羽毛は、東洋羽毛独自の厳しい基準をクリアした〈HARUO DOWN〉と呼ばれます。良質な羽毛は一羽の水鳥の胸部分からわずか10gほどしか取れない貴重なものです。ダウンウエアの多くは飼育日数の少ない食肉用ダックの中ヒナの羽毛を使用しています。この羽毛は未発達なものが多いのですが、〈ザンター〉では広大な田んぼの中でのびのびと育った生後90日以上のダックから羽毛を採取しています。このダウンは羽枝が密生し、ダウンボール(羽毛)が大きいため、型崩れが少なく空気をたくさん取り込むことができ、保温力、かさ高性、性耐久性にすぐれています。ダウンボールの大きさは一般的に600~700 フィルパワー(ダウンの大きさの単位)が良質とされている中、〈ザンター〉は800フィルパワーという大きさのダウンボールのみを使用。ですから、極寒の南極でもその力を発揮し、驚きの温かさを保持できるのです。

※フィルパワー(かさ高性)とは、羽毛30g当たりのふくらみ度合い。数値が高いほど保温・耐久性が高い。

優秀
世界に誇れる羽毛ブランド
<HARUO DOWN>の
こだわりと安全性

東洋羽毛工業株式会社が独自に設定した厳しい品質基準に合格したダウンを〈HARUO DOWN〉といいます。そのこだわりは高品質な羽毛の原石を世界中から探し出すことから始まります。「いい羽毛からしか、いい羽毛製品は生まれない。」という信念から、受け継がれた目利きの力と、産地の生産者とのネットワークを礎に、嘘偽りのない良質な羽毛原料を仕入れています。輸入された良質な羽毛原料は、阿武隈川の清流が流れる西白河郡の白河工場で、5種類の分離技術を駆使した10工程にもおよぶ精製工程「HARUO工程」により、汚れや不純物が徹底的に取り除かれます。それにより衛生度、保温力、耐久性に優れた羽毛へと進化します。その安全性は国際的な統一安全性規格「エコテックス®スタンダード100」クラスⅠに適合する厳格さです。ですから〈HARUO DOWN〉は密度に富み、ハリと弾力性を備え、空気をたっぷり含む安全なダウンといえるのです。

※エコテックス®スタンダード100とは、350を超える有害化学物質を対象とした厳しい分析試験にクリアした製品に与えられる安全な繊維製品の証し。

HARUO工程
(良質な羽毛原料を精製する10工程)
HARUO工程により取り除かれた
汚れや不純物

「ZANTER」のおすすめダウンウエア

3アイテムをご紹介

南極観測隊が実際に着用している
現行の最新モデル!!
ダウンの特性を最大限に
生かしたダウンパーカー。
極寒の地南極でもその力を発揮。
緻密に考えられた保温性に感動。
[ザンター]
ダウンパーカー JP
南極観測隊モデル

〈HARUO DOWN〉の特性をバックアップする表地には、はっ水・防水性能と、内部に滞留した湿気を外部に放散する性能を兼ね備えた高機能素材「ブリザテック」を採用。中袋にはダウンプルーフ加工(羽毛が出てこない目詰めする加工)を施した軽量特殊高密度素材を使用しています。軽量でやわらかい羽毛の特徴を最大限に生かせる繊維です。汗をかきやすい背あて部分にはナノテク技術による消臭・抗菌メッシュ素材「MOFF®」を使用し、快適性にも配慮しています。ラグランスリーブで動きやすさを、マフラーいらずの防風フード、表面左上にあるファスナー付き胸ポケットなどなど、極寒地域での使用に相応しいデザインが施されています。左袖についた〈ザンタージャパン〉のワッペンはおしゃれポイントであるともに、ブランドの品質の証しです。南極観測隊員と同じ温かさをご体感ください。

本格スペックで
タウンユースモデル!
アウトドアからタウンユースまで
南極観測隊が着用する
本格スペックをアップデート
<ザンター>定番パーカー
[ザンター]
ダウンパーカー WP-H

表面のファブリックには防水・透湿性素材「デルフィ®」を、さらに裏面には赤外線を吸収して蓄熱機能を発揮する軽量蓄熱素材「IRORI®」と消臭・抗菌素材の「MOFF®」を使用。温かさだけでなく快適性も両立させています。インナーの両側のワイドなマガジンポケットをはじめ、合計9個のポケットで収納力もたっぷり確保。防寒アイテムにおける豊富な技術と経験を集約し、製造から仕上げまで一貫して国内生産にこだわったダウンパーカーです。

薄くても暖かい
高品質なベスト!
アウターの下に着るだけで
手軽に温度調節。
携帯性、着脱の簡易性は
ビジネスシーンでも大活躍。

専用ポーチ付きで
コンパクトに
携帯できます

[ザンター]
フィールドインナーベスト

インナーベストの肝は、その薄さと温かさです。800フィルパワーのダウンベストはその保温力に対し、軽さ、薄さが特長。両脇がリブ形状になっているから動きやすく、肩部分が面ファスナーなので、アウターを着たまま着脱が可能です。背当てにナノテク技術の消臭・抗菌メッシュ素材「MOFF®」を使用。コンパクトにたたんで携帯できるので、出張時などのビジネスシーンにもおすすめです。後ろ身頃は、着席したときにも腰ができるだけ隠れるように着丈が長めになっています。手軽に温度調節ができるので、1枚あるだけで重宝します。